東京都町田市を中心に、チョークアート看板製作/販売/教室運営のチョークアート スタジオ・ポー

What's Chalkart

      チョークアートとは?

      描き方

      ギャラリー

Pro Lesson & Hobby

     プロコース

     各種コースのご案内

How To Order

      看板製作について

      特定商取引法に基づく表記 

      オーダーフォーム 

profire

      プロフィール

      MCAとは?

CONTACT US

      お問合せ

      プライバシーポリシー

チョークアートの基本的な描き方として、まず「ペーパーペンシル」と呼ばれる特殊なペンシルを使って下書きし、アウトラインを入れていきます。次にクレヨンに似ている軟質の「オイルパステル」を使って、メインの色を入れていきます。ハイライト(光が当たっている部分)としては主にホワイトを使います。色が入ったら、自分の指でグラデーションを創ります。指の腹部で色と色の境界線を馴染ませて、ごく自然な感じで調和させていきます。その後、シャドウ(陰になる部分)を入れたり、グラデーションの仕上げをして、立体感を生み出していきます。

指で生み出す自分だけの色彩

チョークアートの豊かな色彩は自分の指で創り出します。 基本的にオイルパステルで色を入れた後、指を使って色を混ぜ合わせてグラデーションを創っていきます。 色を念入りに馴染ませるとことによって、指の温もりが伝わった作品に仕上がります。 チョークアートはそれぞれの作品に、描いた人の個性が表れるアートです。

手描きの温かみ

コンピュータを使って何でも表現できる時代だからこそ、「手描きの質感」が注目を集めています。 高度な発色性をもったオイルパステルを使用することで、チョークアートには圧倒的な存在感があります。 オーストラリアをはじめとする欧米では、カフェやレストランの看板として確固たる地位を築いており、 その視覚的なインパクトが評価されてに日本でもチョークアート看板が増えつつあります。 チョークアーティストたちは手描きの技法を進化させることで、より人の心に響く作品を生み出しています。